きよかのブログ

高等遊民を目指します。

上半期読書まとめ③

 

・女の機嫌の直し方

著者;黒川伊保子

きっかけ;どこかの書店で、タイトルに惹かれて

感想;女という生き物は本当によくわからない...という問題に恋愛アドバイザーでも占い師でもなく、ついにAI開発者がメスを入れる時代が来た。これはぜひ女性に読んでほしい。私は私の機嫌の治し方がわからず、そのことで大いに悩み多方に迷惑をかけた経験があるので読んだ。要するにだいぶ前から言われている「男女の脳は違うのでそれを分かり合いましょう」という話なのだが、多くの人はこの本を読んだ後も「そんなことはわかってるけどできないから問題なんだよ」と思うことであろう。私もそう思った。ただ、私は著者自身の息子を育てる上での姿勢に非常に感銘を受けたためそちらを強調したい。彼女は子育てが「思い通りにいかない」ことを楽しんでいる。楽しむことができる。なぜなら彼女はAI開発者で、思い通りに行くものを自分で作ることができるからだ。息子がロボットだったらつまらないとまで言い切っている。苦しくても楽しめたら勝ちですね。

話を聞かない男、地図が読めない女

話を聞かない男、地図が読めない女

 

 

・女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言

著者;三砂ちづる

きっかけ;BETTARA STAND 日本橋 by YADOKARI – 「BETTARA STAND 日本橋」は、元駐車場となっていた土地を移動可能な動産・タイ二ーハウスやDIYで作る屋台などを利用したイベントスペース・オープンカフェキッチン施設です。のミニ図書コーナー

感想;こちらはエッセイ集である。著者の三砂ちづるさんは現代の津田梅子というか、津田塾大教授というか、すごい方である。全然おせっかいなんかではない。オムツ離れの話とか、ブラジルでの家族・仕事の概念など盛りだくさんで非常に面白いのだが、特に印象に残ったのは「怒る」ことについてだ。著者はもっと怒ろう、と提案する。「女の怒りはポイント制」なんて誰かがうまいことを言っていたが、なぜポイントが貯まるのか、そして一斉に還元されるのか考えたことがあまりない。ただ火山がいつ爆発するのかをビクビクして過ごすしかないのだろうか。私は、私も含めて周りの人々には「怒る」練習が足りていないと感じる。「怒ってはいけない」と教わることはあっても、適切なやり方を教わる機会がないから当然かもしれない。貯めて貯めて大爆発しなくても、もっと平和的且つ対象に有効なやり方があるはずだ。私のこれからの課題である。

女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言

女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言

 

 ・百合のリアル

著者;まきむぅ(牧村朝子)(@makimuuuuuu)さん | Twitter

きっかけ;著者による大学の講演会で

感想;まきむぅはとにかく可愛らしかった。講演会の感想と併せて書きたい。まず、著者も述べているが、この本はいわゆる今話題の(流行で終わらないことを祈る)LGBTと呼ばれている人々だけのためのものではない。同時に性の多様性について考えることは、人間そのものの多様性について考えることにつながる。「女」も「百合」も「LGBT」も、レッテルに過ぎない。自分に合わないレッテルを貼られるのは誰だって嫌いだ。私たちは肩書きとしてそれらを使わなければならない時もあるが、自分で選ぶのと他人から呼ばれるのは違う。あくまで「私は他でもない私である」ということを尊重するべきだ、と著者は主張する。「モテ」とは?「女子力」とは?当たり前に飛び交う言葉を見直す必要があるだろう。

百合のリアル (星海社新書)

百合のリアル (星海社新書)

 
百合のリアル 増補版

百合のリアル 増補版

 

 

・かたちだけの愛 

著者;平野啓一郎

きっかけ;朝日新聞のコラム

www.asahi.com

感想;恋愛小説を中学生以来読んでいなかったけど久しぶりに「これは!」と感じた(その時たまたま失恋中だったからかもしれない)。ひらがなと漢字の使い分け方が素敵な文体だった。コラムにも引用されているような、愛と利己心の描写が感動的で、フロムの「愛するということ」にも通じるところがある。他にもセックスを「健康」と言ったり、小説でしか言えない、薄々みんなが思っていることを言い切っている。この本自体は買わなかったが影響を与えたとされる(本文中にも引用あり)日本が誇る変態・谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』は買ってしまった。

かたちだけの愛 (中公文庫)

かたちだけの愛 (中公文庫)

 
陰翳礼讃・文章読本 (新潮文庫)

陰翳礼讃・文章読本 (新潮文庫)

 

 

・愛するということ

著者;エーリッヒ・フロム

きっかけ;大学の友人

感想;数年前に一度挫折したが、ふと思い出して再挑戦した。新訳版だからか読みやすく、引用も多くて助かった。読んでいると死んだはずの著者に診察されているような気持ちになってきて怖い。失恋中に読むべきではないが、失恋したときくらいしか読もうと思わない。とはいえ内容はもちろん「恋」ではなく「愛」の話で(その違いは本書で)、恋愛だけには留まらない。問題なく愛情を注いで子どもを育てることがいかに難しいかを思い知らされた。いつか英語でも読んでみたい。

愛するということ

愛するということ

 

 

 ・女心についての十篇 - 耳瓔珞

著者;安野モヨコ

きっかけ;忘れた

感想;とにかく挿絵や装飾が美しくて、お腹いっぱいになる。この中では川端康成の「むすめごころ」がもっとも歪んでいるのに可愛らしくて気に入った。恐らくモヨコ先生のお気に入りであろう、岡本かの子という作家を知る機会ができて嬉しい。私は以前から先生の漫画の大ファンで、最新の『鼻下長紳士回顧録』も読んだが、この漫画といい耳瓔珞といい、この文庫の前のシリーズの『晩菊』(谷崎潤一郎の脚フェチ話収録)といい、取り上げている国は違えど最近の先生のテーマは「変態」であるに違いない。

女心についての十篇 - 耳瓔珞 (中公文庫)
 
鼻下長紳士回顧録 上 (フィールコミックス)

鼻下長紳士回顧録 上 (フィールコミックス)