きよかのブログ

高等遊民を目指します。

Sh*t worthyなことしようぜ

(to) give a shit という言葉はみなさん知っていますね。

"Don't give a shit!"という文のほうがよく聞くかな。
こちらは日本語に訳すと「んなつまんねぇこといちいち気にすんな!」に近い意味だと私は考えております。


shitはfuckに代替可能。
"I don't give a single fuck"というアレンジ版なんかも微塵も気にしない、屁でもない」という、確固たる意志が垣間見えて私は大好き!

www.urbandictionary.com

 

ass holeという言葉もよく聞きます。
これはもう直訳しちゃうとケツの穴ですが、カスとかクズ野郎と言ったところでしょうか。

 

何が言いたいかというと、私たちの人生はクソまみれということです。
もう少し綺麗な言葉で言い直すと、どんな人であっても様々な障害や不幸、不運が降りかかってくるということ。

 

そこで今日紹介したいのがこの本!イエーイ
本屋で見ない日がありません。

 

The Subtle Art of Not Giving a F*ck: A Counterintuitive Approach to Living a Good Life

The Subtle Art of Not Giving a F*ck: A Counterintuitive Approach to Living a Good Life

 


タイトルが直球すぎますけど、日本語に訳すのは少し難しそう。
日本にはどうだろう。来るかなぁ...

 

先ほどの続き兼この本の要約ですが、人生はどう転んだってassholeとかshitはついて回るので、何事にもgive a single fuckしない、というのはブッダにでもならない限り無理なんです。


というか、それに気がついたのがブッダ
彼は高貴な家の出身ですがそれに疑問を持ち家を飛び出しますが、結局どんな階級だろうとみんな悩みあるやん、と気がつくわけですね。(Chapter 2 ; "Happiness is a problem "参照)


そこで終わらずに心頭滅却しちゃうブッダなのですが、まあ、普通は無理ですね。

(私はブッダになれないのでここでgiving shitするのをやめます)

なれなくても手塚治虫大先生のブッダは教科書として一家に一台。

ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)

ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)

 

  

はい。

じゃあどうするの、ということで、解決策として悟りを開く以外は、なんだかんだshitとうまくやっていくしかない。

shitもバラエティに富んでいるので、自分にとってより価値がある(と思われる)shitを選び、こなしていく


ここで筆者は"shit-worthy"という独自の造語を用いていますが、非常に素晴らしい言葉だと思います。


何がshit-worthyかは、人それぞれです。


大変な仕事でもお金がたくさんもらえたらそれをshit-worthyとする人はいるだろうし、
色々あるけどなんだかんだ支え合う家族を最もshit-worthyなものと捉える人もいる。


生きていくために身の回りの環境をできるだけ自分にとって生きやすい場所に整えることをshit-worthy、まあ私多分これなんですけど、もいますね。
(私は好きなことしかやっていない/夢を追いかけているというイメージを持たれがちですが、思われるのは面白いのでいいけど、おそらくそうではないです。私は多分、人よりも少し自分がやりやすいshitを選ぶのがうまかっただけだと思う。あと運!)


これは一見すると非常に消極的な考え方で、shitだなんだと使用している言葉が汚いという理由以前にこんなことを面と向かって言う人はあまりいません。


もちろん今の仕事や専門に対し「これが自分のやりたいことです!!!」と胸を張っている人にはこんな考え方はいらないでしょう。


しかしそうではない人がほとんどで、だからこんな汚いタイトル()の本が世界的ベストセラーになっちまってるわけです。

 

本当はshit-worthyだから続けているだけでもいいじゃないか。
むしろそっちの方がすごくないか。


それをせめて自分の中では無理して美化しないであげていただきたい。

ていうか、そういったあまりにも仕事や人生を理想化する価値観を押し付けて来る人にこそgiving shitすんなよ、とこの本は教えてくれます。


人生はインスタグラムの裏側で起こってんだよ!

・ちょっと近況報告(関連本の紹介はさらに下にあります)

 

今年は、というか去年から私は選択の連続でした。

まあ主に進路なんですが。
なんか今オランダにいるけど、今でもここに来たことが正しいかどうか現時点では自信を持っていうことができません。
大学院(マスター)に申し込んだはずなのにプレマスターやんなさいとか言われたけど情報少なすぎてわけわからんし!
宿題多すぎるし!
オランダ人英語うますぎるし!


でも、私は少なくとも今の大学生活は自分にとってとーーーってもshit-worthyだと思っています。
多少辛いことがあってもやってみる価値があると思えます。
まあ高等遊民が何言ってんだって感じだけどね〜

 

・関連本


私はこのshit-worthyという考え方は私のだーいすきな認知不協和理論にもちょっと結びついてると思います。
辛いことも、いや辛いことだからこそ美しい記憶に変換されていく、という嬉しいような怖いような、賢いのかアホなのかわからなくなる脳の仕組みですね。


興味のある方は以前も紹介しましたが、是非こちらの本を。

全然伝わらないと思いますが、私はこういった、難しい内容を、決して難しくない話し言葉で文体・言葉遣い・構成・内容が完璧な講義集みたいな本(内田樹先生のとかも)を読んでいると脳内で吸収できる許容量を突破し、「ウーム」となります。

社会心理学講義:〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書)

社会心理学講義:〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書)

 

あと、脳がバカというのとshitと関連してこの本も是非!

サナダムシをお腹で飼うまでしなくていいけど、腸の声をよく聞くといいことあるかもね。

脳はバカ、腸はかしこい

脳はバカ、腸はかしこい

 

あとお子さんがいる方は言うまでもないですがこれを。

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

 

 

最後にこの本に出会ったきっかけを。
私の好きな本屋さん通り(勝手に命名)の中でもお気に入りの、Mayflower Bookstoreで見つけました。

www.mayflowerbookshop.nl


古本と新刊が混ざった不思議な空間です。
お店の由来は多分、メイフラワー号(ピルグリム・ファーザーズたちが乗ってた船)がイギリスを出てアメリカに来る途中にこの小さな町ライデンに寄ったからだと思われます。

 

タイトルを見ていいなぁ!と思ったのと、一年半ほど前に

www.vox.com

この記事に出会いまして、記憶から消えてたけど記事の内容がThe Subtle Art of Not Giving a F**kと似ていたので「あの記事で紹介されていた本か」と思って読んでたら結局違ったという。
まあいいか。

 

記事で紹介されている本はこちらです。これもタイトルのインパクトすごいな

The Asshole Survival Guide: How to Deal with People Who Treat You Like Dirt

The Asshole Survival Guide: How to Deal with People Who Treat You Like Dirt

 

 

でも本当にここ最近タイトルのインパクトの強さで記憶に残りやすいのかもしれないけど、asshole関連の本、よく見ます。

 

Assholes: A Theory (English Edition)

Assholes: A Theory (English Edition)

 

セオリーまである。

 
みんないろんなassholeに疲れてるんだね。

疲れない程度に本でも読んで、楽な考え方をしていきましょう。それではまた!